田中角栄という人物

『オヤジとわたし』    早坂茂三著
 頂点をきわめた男の物語/田中角栄との23年

 著者は、田中角栄の秘書を23年勤めた人。
 最初に書いた本ですね、これは。

 いろいろ学ぶことがあります。

 「約束したら、必ず果たせ。できない約束はするな。
  ヘビの生殺しはするな。借りた金は忘れるな。
  貸した金は忘れろ」

 「メシ時になったら、しっかりメシを食え。シャバにはいいことは少ない。
  いやなことばっかりだ。それを苦にしてメシが食えないようではダメだ。
  腹が減って、目が回って、大事な戦はできん」

 なぜ、日中国交正常化をそんなに急ぐのかと問われて、
 「毛沢東とか周恩来という、いまの中国をつくった創業者は、共産主義であれ
 何であれ、えらい苦労をしてきた連中だ。多くの死線を越えてきた。
 それだけに、すべてないものづくしの中で、あのでかい国をやりくりしていくためには、
 いま何が必要かということがよくわかっている」
 「だからあの連中が元気なうちに、この勝負を決めなければならないんだ」

 ロッキード事件裁判の時でも、著者がマスコミに腹立てているのに対し、
 「そう言うな。あいつらもそれで飯を食っているんだ。家族がその背中に乗っている。
 オレの悪口を書いて、それで連中も飯が食えればいいじゃないか。
 いずれカタがついたら、あいつらもだいぶ儲かったろうから、一割か二割、
 払いは戻してもらおうや」

 「政治の仕事は国民の邪魔になる小石を丹念に拾って棄てる。
 国の力でなければ壊せない岩を砕いて道をあける。
 それだけでよい。いい政治というのは、国民生活の片隅にあるものだ。
 目立たず、つましく、国民の後ろに控えている。
 吹きすぎて行く風-政治はそれでよい」

 などなど、話題はつきません。

 うーん。まさに、コンピュータ付きブルドーザーといわれたり、
 明朗闊達、豪放磊落、竹を割ったような気性といわれる訳ですね。
 
 いろいろ評価はありましょうが、傑出した政治家であったことは間違いないでしょう。

| | Comments (149) | TrackBack (0)

人を活かす

『人を活かす経営』     松下幸之助著

 本を通して、著者の人柄が伝わってきます。
 あくまで平易な言葉で語っていますが、
 穏やかさの中に信念があり、
 自信があって優しさがあるような文章です。

 ちょっと紹介すると……

 経営者は経営に自信を持つことが大切だという。
 その自信はどうすれば持つことができるか、について、

「何が正しいかということを自問自答するところから生まれてくる。
 衆知を集めて正しさを追求するところから生まれてくる。
 どんなに頭のよい人でも、自分のやっていることがあやまっているとか、
 よくないことだとなれば、自信は持てないであろう。
 だから自分のやっていることは正しい、という信念を持たなければならない。
 正しいからこそ人にも勧める。
 そして、ぜひとも人を説得しなければならない。
 そうすると、これは説得できる。
 説得できるから、事を進めていくこともできる。」

 一貫して感じるのは、「健全さ」です。
 信用を重んじ、人の意見に耳を傾け、人を信頼して任せ、
 人情の機微をとらえ、信念を持ってやり抜く。

 健全な歩みの積み重ねが、あの松下電器をつくりあげていったのだ、
 ということがひしひしと感じられます。

 そして、経営も結局は、「人の問題」であり、つねに人間というものを問題にし、
 人間の本質を追究することが大切だと、著者は説く。

 経営者のみならず、「人間をどう見るか」こそが、人生を決定づける
 大切なことでしょう。 

| | Comments (129) | TrackBack (0)

コウモリの超音波

『感動は心の扉をひらく』より、番外編。

 こんな話も紹介されていました。
 

●コウモリ

 アフリカには魚をとって食うコウモリがいる。
 超音波を出して、魚の位置をつかむのだという。

 ところが超音波は、水中に発すると1000分の1に減衰する。
 はね返ってくるのは、さらに1000分の1。
 
 それをキャッチして、ピュッと飛び降りたと思ったら、百発百中で魚つかむ。

●トカゲ
 
 トカゲは、モズなどの鳥に襲われた瞬間、しっぽを自ら切り離す。
 するとトカゲのしっぽは、ピンピンピンピン、生き物のように動き出す。

 ものを襲う動物は、本能で、必ず動くものに向かっていく。
 そうやってトカゲは難を逃れる。

 しかも、切り離したしっぽは、やがて再生して、元通りになる。

●人間は?

 100万分の1の超音波をキャッチすることもできない。
 腕や足を切り落として、それがピンピン動くこともなければ、
 元通り生えてくることもない。

 ……等々、読んでいて思うこと。

 万物の霊長といわれる人間ですが、どこが優れているのでしょうか。
 個別の能力からいえば、いろいろな動物に劣ることばかり。

 「人間は考える葦である」
 とパスカルは言いました。しかも、
 「思考の順序はまず自己の目的から」
 とも指摘しています。
 
 コウモリやトカゲは、なんのためにオレは生きているんだろう、などと
 自分の存在意義を考えることはないでしょう。

 人間にはそれができるのです。答えはきっとあるはず!

| | Comments (140) | TrackBack (0)

感動は心の扉をひらく

『感動は心の扉をひらく』            椋 鳩十著
     しらくも君の運命を変えたものは?

 著者は、動物文学で有名な、いわずと知れた人。
 たしか子どもの頃、教科書で勉強したような記憶が……。
 あれはたしか、ガン(鳥の)の話だったような。

 さっそく内容へ。

 「おれはだめだ」という気持ちを植え付けると、子どもはダメになる。
 しかも、「ダメだ」というレッテルを貼っているのは、友だちもそうだが、
 一番はほかならぬ親だという。

 そうやって、劣等感を植え付けられて育った子どもを、変えるには
 どうすればいいのか。

 心を変えるしかない。
 では心を変えるものは。

 それは感動。
 「感動は心の扉をひらく」
 感動は心の中に起こる地震だと著者は言う。

 その例として、しらくも君を紹介している。

 著者が30年ぶりに郷里に帰り、小学校の同級会でのこと。
 中にどうしても思い出せない人がいる。
 立ち振る舞いといい、堂々として精神的におされる感じがする。

 実はそれがしらくも君だった。
 しらくもという頭にできる、おできのために皆からいじめられていた。
 勉強は1年から6年生までビリ。
 38年の経験をもつ教師も、ほったらかしにするほどの劣等生。
 
 そのしらくも君に、何があったのか。

 しらくも君の子どもが高校2年生の時、厚い本を3冊借りてきた。

 その本がしらくも君の人生を変えた。
 ロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」だった。
 もうやめよう、やめようと思いながら、感激のあまり3冊を3回も読みきった。

 絶望の底からはい上がってくる、ジャン・クリストフのような生き方をしたい。

 それから農業の専門書を読み始めた。
 分からないところを村役場の専門家へ聞きに行く。
 毎日、二度も三度も。

 そしてついに、農業の指導者になったのである。

 うーん。
 感動は人生を変える。
 人生で一番大切なものに出会い、心に大地震が起きた私たちは、幸せですね。
 

| | Comments (549) | TrackBack (0)

昼間に星が見える

『戦話・大空のサムライ』        坂井三郎著
  可能性に挑戦し征服する極意

 著者は零戦のパイロットにして、64機撃墜の日本のエース。
 たしか数年前に亡くなられたと思いますが……。

 この本はただの空中戦の記録ではなく、いろいろと人生で
 大切なことを教えてくれる本だと思います。

 まず、真剣勝負の世界に身を置く者の息づかいや、
 心意気が伝わってきます。

 先の先を読むこと。
 パニックになった時に、いかに平常心を取り戻すか。
 指揮官として大切なこと。
 後輩を指導する時に必要なこと。
 
 200余回におよぶ出撃で、一度もともに戦う列機を失わなかったのも、
 機銃に撃たれて右目をほとんど失明しながら帰還を果たしたのも、
 それだけの精神力、知力、体力で、努力、研究、修練を積み重ねた
 結果であることが知らされます。

 多くのエピソードの中の一つ。

 空中戦では、主導権を取るのが最も大きなポイント。
 今日のようなレーダーのない当時は、肉眼で相手を
 どちらが先に見つけるかが勝負であった。

 そのため、視力を伸ばす訓練をしたそうです。
 目に悪いことは絶対にしない。
 夜更かし、深酒はもちろん、近視にならないように特に気をつけ、
 たえず遠距離のものを正確にとらえる訓練をする。
 
 最後には、なーーんと、昼間に星が見えるまで鍛えたというのです。
 
 その他、大変勉強になりました。
 その道をきわめた名人の言には、心揺さぶられるものがあります。

| | Comments (141) | TrackBack (0)

流血やまぬエルサレム

昨日に続き、『なぜ宗教は平和を妨げるのか』より。

 パレスチナは一触即発の危機的状況です。
 この争いの種はどこにあるのでしょうか。

◆まずユダヤ教から。

 ユダヤ人は、エルサレムが、神に選ばれた民であるユダヤ人に授けられた
 唯一無二の聖地であり、絶対妥協できぬと思っている。

 なぜなら、それは聖書に書いてあるのだから。

 モーゼの死後、息子ヨシュアが神から次のような言葉を聞く。

 「私はあなたの足の裏が踏む全ての地を与える。
 荒れ野からレバノン山を越え、大河ユーフラテスまで、
 太陽の沈む大海(地中海)に至るまで、あなたの領土となる。」(申命記)

 ところが征服しようとしたところが、あまりにも多くの人間が
 活気に溢れた生活をしていた。
 すると神は、奇襲攻撃によって攻め滅ぼせと命ずる。

 「イスラエルは追ってきたアイの住民を剣にかけて一人残らず殺した。
 その死者は一万二千人、アイの全住民だった。」(ヨシュア記)

◆イスラム教はといえば、

 コーランには、ユダヤ人との敵対関係が、神の言葉として明記されている。

 「汝は、信者に対して最も激しい敵意をいだいているのがユダヤ教徒と
 多神教徒であることに気がつくであろう。」(コーラン)

 コーランには、異教徒を差別してはならないという一節があるかと思えば、
 次のような教えが示されている箇所もある。

 「信ずる人々よ、ユダヤ教徒やイスラム教徒を友としてはならない。
 彼らはおたがい同士だけが友である。
 おまえたちの中で彼らを友とする者がいれば、その者は彼らの同類である。
 神が無法の民を導きたもうことはない。」(コーラン)

 「おまえたちの出会ったところで彼らを殺せ。
 おまえたちが追放されたところから彼らを追放せよ。
 迫害は殺害よりも悪い。
 しかし、彼らがおまえたちに戦いを仕掛けないかぎり、
 聖なる礼拝堂のあたりで戦ってはならない。
 もし彼らが戦いを仕掛けるならば、彼らを殺せ。
 不信者の報いはこうなるのだ。」(コーラン)

 この教えに忠実であろうとすればするほど、イスラエル軍の侵攻を
 黙視していられるはずはない。
 自爆攻撃も、アッラーの命令に従った「正義」の行為であり、ジハード(聖戦)になる。

 しかも、ジハードで昇天すれば、
 「天国で七十二人の美女に囲まれ、永遠に幸せな肉欲的生活を送ることができる」
 という。

 これを双方、まともに信じているのだから、紛争、テロがやまないのです。

◆ついでに、キリスト教は。

 キリスト教徒は、イエスを殺害したのはユダヤ人であると信じている。
 
 「彼らの教会、あるいは学校に火をつけ、燃え尽きようとしないものを土で覆い、
 土を盛れ。……このことを、人は我らが主と全キリスト者の名誉のためになせ。
 われわれがキリスト者であり、神の息子、神のキリスト者がこのような公共の
 嘘言・呪・冒涜を知りつつ許しはせず、是認もしないということを
 神がみそなわすように。」(マルチン・ルター)

 イエス自身がこんなことも言っている。

 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためとあなた方は思うな。
 わたしが来たのは平和をではなく剣をもたらすためである。
 わたしが来たのは、人をその父に、娘を母に、嫁を姑に敵対させるためである。
 人の敵はおのが家人である。
 父や母をわたし以上に愛するものはわたしにふさわしくない。」(マタイ福音書)

 イエスは一方で、
 「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」(マタイ福音書)
 と博愛を説きながら、何かの折に反転すると敵意をむき出して、
 律法学者とパリサイ人を口汚く罵る。

 「わざわいなのはあなた方、偽善の学者とパリサイ人。
 あなた方は白く塗った墓に似る。
 それは外は美しく見えるが内は死人の骨やあらゆるけがれで満ちている。
 そのようにあなた方も外は人に正しく見えるが、内は偽善や不法に満ちている。
 ……蛇よ、まむしの子よ、どうしてあなた方は地獄の裁きをのがれえよう。」(マタイ福音書)

 十字軍を結成し、イスラム教徒とユダヤ教徒を殲滅しようとしたのもわかります。

 著者は、宗教を利用する欲望こそが恐ろしいのだ、と主張しているが、
 正直いって、げにおそろしきは邪教かな、の感を強くするばかりです。

 今日もエホバとアッラーが戦っている。
 「正義」と「正義」が果てしなく戦っている……。

| | Comments (63) | TrackBack (0)

「アメリカ教」とは?

『なぜ宗教は平和を妨げるのか』  町田宗鳳著
    「正義」「大義」の名の下で

 著者は東京外語大の教授。
 14歳で禅宗で出家、その後渡米してキリスト教を学んだ、
 現在クリスチャンだそうな。

 著者は、アメリカは「アメリカ教」ともいうべき、意識されない宗教に
 よって動いていると指摘する。

 「アメリカ教」の特徴は、
 ○事の白黒をむやみとはっきりさせたがる。
 ○常に「悪」を自分の外に置こうとする。
 ○意志を明確にし、その実現に向かって邁進する。  
 
 ブッシュ大統領の言葉がそれを象徴している。
 「われわれの側につくか、テロリストの側につくのか」
 「世界から悪魔を追い払う」
 テロリスト対策組織のコードネームは「無限の正義」

 そしてアメリカが大の苦手なのは、
 「悪」を自己の中に見ていくことである。

 今までアメリカのやってきたこと、人間社会の矛盾などに
 目をつぶったまま、正義、人権、自由、民主主義などという
 題目を唱え続けるなら、アメリカに対するテロなどの攻撃は
 やまないだろうと予測する。

 必要なのは、「対話」であると主張している。
 しかし、それには「悪」は中東の砂漠や洞窟にではなく、
 人間の「心」という名の洞窟の中にこそ潜んでいることに
 気づかねばならない、という。

 うーん。この濃い内容を、まとめるのは難しい。
 興味のある人は読んで下さい。 

 ただ、著者の言うとおり、
 「オレは正義だ。悪魔はどこだ、たたきのめしてやる」
 という考えを変えずに、平和を実現するのは不可能でしょう。

 自己のすがたを知らぬは悲劇なり、と知らされる今日このごろです。
 

| | Comments (125) | TrackBack (0)

頭がいい人の習慣術

『頭がいい人の習慣術 実践ドリル版』 小泉十三著

 頭がよくなって、できる人になるための、ノウハウを教えてくれる本です。
 こういう本を通読して、いつも思うことは、発想の転換が大事ということですかね。

 いくつか面白そう?なのを紹介しましょう。

 メモをとるのは何のため?

 1、大切なことを忘れないため
 2、大切なことを忘れるため

 答えは2。もちろんこれには、メモ帳を見直す習慣を身につけなければなりませんが…。

 忘れるために書いておこう、と思い切って頭の中をカラッポにすると、
 アイデアは思いの外、次々と浮かんでくる、のです。

 そのほか、1時間で終えるはずの仕事が終わらなかった。こんな時は?

 1、そのまま仕事を続ける。
 2、中断して、別の仕事をする。

 また、仕事を中断するタイミングは?

 1、仕事が一段落したとき。
 2、仕事がうまくいっているとき。

 など、いろいろな問いが設定してあり、答えが理由とともに書いてあります。

 では、本の中で使われていたエピソードを一つ紹介しましょうか。
 短時間の仮眠で、疲れた脳がよみがえり、スッキリするという話で、

 シュールレアリズム画家で有名なダリの仮眠法。
 机の上に錫の皿を置き、その上にスプーンをかざした格好で、
 椅子に座ったまま眠ったそうな。
 身体が前のめりになると、カーンと音が鳴り響き目覚める。
 こうして、ほとんど不休で絵を描いたのだそうだ。

 うーん。なるほど。
 いろいろ勉強になる本でした。

| | Comments (123) | TrackBack (0)

人間の意識5段階

またまた雑学の本より。

 飛行機事故は、離着陸の11分に起こりやすい。
 「クリティカル・イレブン・ミニッツ」(あぶない11分)
 と言われている。

 では、その他の時間、パイロットは何をしているのでしょうか。
 答えは、「退屈と闘っている」のだそうです。

 自動操縦に任せて寝ていては、緊急事態に対処できない。
 でも、人間は、ずーと緊張し続けることもできないのです。

 人間の意識は5つの段階があるといわれます。

 1、意識ゼロ………………………失神や睡眠中
 2、意識はあるもののボケ状態……酒酔いなど
 3、意識は正常でリラックス
 4、積極的活動…………………意識明晰
 5、パニック………………………意識は一点集中、判断停止

 4の状態を長く保つのは非常に難しい。
 無理に長く続けようとすると、疲れ果てて1になってしまうという。

 だからベテランパイロットは、通常3で作業し、
 必要に応じて4にあげるそうです。
 これは、経験で身につけるしかない、とのこと。

 うーん。なるほど、これは勉強になりますね。
 長時間パソコンに向かう仕事の人など、参考にしましょう。

| | Comments (614) | TrackBack (0)

血液型と性格は関係あるか?

再び、『その場がどーんともりあがる雑学の本』より

 今回は、血液型と性格は関係あるか、というテーマです。
 みなさんは、どう思われますか。

 「私はA型の人間です」
 「やっぱりB型の性格が出ているわね」
 など耳にすることがありますね。

 はたして、血液型と性格は関係あるのでしょうか?

 答え。「そんなことはありえない」だそうな。

 「都合のいいデータばかり集めて、性格と関連づけている人がいるが、
  決定的に無関係」
  というのは、ある大学の生理学教授。

 理由1、血液型の違いはミクロの差。
      赤血球の膜上についている100以上の糖の1つが
      血液型を決めている、のだそうだ。 へえー。

 理由2、人間の性格は脳の働きによって表れると考えると、
      脳の中には血液型を決めている糖類はない、のだそうだ。 ほー。

 理由3、統計によれば、日本人はA型40%、
                     O型30%、
                     B型20%、
                     AB型10%ぐらい。
      たとえば、プロ野球選手の一軍選手の血液型の比率も、
     一流企業の社長の血液型の比率も、ほとんど同じ、なのだそうだ。
     
  うーん、なるほど。

  ただし、新聞、週刊誌、テレビなどマスコミで、
  血液型別に「運勢」などが語り続けられると、
  ついそんな気になってしまう、という意味での影響はあるそうです。

  げにおそろしき、マスメディアかな。

  ということで、血液型で性格を決めようとするのでなく、
  その人の言動をよく見ましょう。

| | Comments (72) | TrackBack (0)

«熱血火の玉精神